フケとは、頭皮からでてくるウロコの形をした白い老廃物の事を言います。フケの正体は、古くなった頭皮の角質です。
人間の皮膚は新陳代謝を繰り返していて、古い皮膚は、新しい細胞に追い出すように、はがれ落ちます。これにより、私たちの体は常に新しい皮膚で覆われています。
頭皮は、通常1カ月くらいの周期で入れ替わります。そのため、フケができるのは当たり前です。フケが出ていないと思っている人も、実は小さなフケが落ちているのです。
フケの直接の原因は頭皮の乾燥による角質の脱落です。頭皮が乾燥すると、角質の結合力が弱まり、 フケとして脱落してしまいます。
この頭皮の乾燥は、冬の空気の乾燥のような外部要因によるものと、甲状腺疾患や糖尿病など病気によるもの、 エストロゲンの欠乏やビタミンA不足のような内部要因、シャンプーによる頭皮の荒れなどによって起こります。
乾燥した頭皮は外からの刺激に敏感になり、ちょっとしたキッカケでトラブルを引き起こす可能性があり、 フケをだけでなく、かゆみや抜け毛などの頭皮トラブルに発展することもあるので注意が必要です。
これが様々な要因によって乱れることで目に見えるフケとなっているわけです。このフケが大量に発生しているのなら、頭皮に問題があるケースが多いので注意が必要です。